【自己破産】しても私は元気で暮らしています!

3年前に私は自己破産しました。

妻へのプレゼント

さて最近事業がすごく順調なのだ!とうとう先月は手取り収入100万円を突破。自己破産で免責決定が出ているのでこの金は自由に使えるが俺は事業に投資しようと思う。

駅前で5坪の敷地を借りて唐揚げ店をやったらこれがスマッシュ・ヒット!
夫婦2人で朝から仕込み、11時開店。開店するとすぐにお客が並びだすという素晴らしいビジネス。完全にあるフランチャイズのやり方や味をパクってみたわけだが、この唐揚げまじで美味い。

今月は大学生のアルバイトを1人雇い入れて妻はお昼のラッシュが終わったら家に帰らせている。家事もやんなくちゃいけないし、夫婦2人で唐揚げ屋で顔をさらすのも貧乏くささがあるし。

ところがある日の午後、銀行に用事があり、商店街を歩いていたら全く知らないビルから妻が出てきてばったり対面!一瞬妻の表情に(ここで会うのはやばい)という気持ちを読み取った!!そういうところ、俺は抜け目がないのだ。「あれ?お前家に帰ったんじゃないの?」と聞くと、「実はずっと油料理ばかりやっててお肌もボロボロなんで、エステに行ってきたの」とその看板を指差した。

脱毛エステ???確かに妻は少し毛深いところがあるので自己処理を毎日していた。いろいろなタイプのカミソリやら保湿クリームやら化粧水やらを持っている。

ここ、甲府市はけっこうこの手のお店が多いと聞く。山梨県の県庁所在地だもんな。
ググってみると、甲府市のサロンについてまとめたサイトまであった!

 

それがこのサイトだ→「脱毛 甲府市」


まあ、ほぼ3年間、汗水垂らしてある意味女を捨ててがんばってきた妻へのささやかなプレゼントだと思って、「まあ、がんばれよ」と温かい、俺らしからぬ声を妻にかけたのだった。